客先常駐(派遣・SES)攻略マニュアル

スポンサーリンク

客先常駐に向いている人は?

SESを脱出しようといったお題目の記事はたくさんありますが、客先常駐で上手く立ち回って良い環境や高待遇を手にしようという記事が無かったので書こうと思いました。

まずはじめに派遣やSESと言った働き方には向き不向きがあります。

はっきり言います。
未経験や若手には向かない働き方です。

会社によっては未経験可であったり、若手を教育する体制が整っている会社もあります。
ただ、”技量もなく案件を選べない状態”では経営者や営業、悪質な取引先等々、誰かの悪い思惑に翻弄される可能性も一定数あります。

”世の中に絶対はない”以上、可能な限りリスクを排除してチャンスをものにしていかなければ成功はありません。

ではどんな人が向いているかというと、自分の実力で勝負して良い環境や高待遇を手にしようという信念を持った人です。

そのためには努力を惜しまないという人にこそ向いていると思います。

客先常駐ビジネス最大のメリット

ある一定のレベルを超えると自社開発や請負企業では得られないメリットを享受することが出来ます。

自分のやりたい仕事を選べるようになる

若手のうちは企業側に選ばれる弱い立場にありますが、どこの企業に行っても通用するレベルになると引く手数多の状態になります。

そうなると自分のやりたい業務、好きな技術を、やりたい期間だけ、希望の金額で出来るという無双状態になるわけです。
勤務地や、リモートワークの有無、なんなら労働時間さえも自由に調整できます。

これら全ての裁量を得られる一般企業はほぼ無いと言っても良いでしょう。

例えば日本の名だたる企業や外資系企業に常駐している方も一定数いるかと思います(これ自体は会社の営業力に依存する部分もあるので、若手で常駐できている方もそれなりにいるかと思います)

そういった大きな企業の懐に入って日々仕事ができると界隈で力を持った方とのコネクションを作ることが出来ます。

他にも大手企業や外資系企業を新卒や中途採用といった具合に正規の入り口から入ろうとすると相応の学歴や職務経歴が求められますが、客先常駐で数年実績を積み上げると案外正社員登用された言った話もよくある話です。

(正社員のオファーをもらった方も結構多いのではないでしょうか?)

企業によっては正社員登用、いわゆるプロパー化を禁止している会社もありますが、日本国民には職業選択の自由というものによって仕事を選ぶ保障がされていますので、取引先に迷惑を掛けないようしっかり調整をしましょう。

また、形成したコネクションを使って起業することだって容易に出来るでしょう。

一般企業の大半は給与テーブルやグレードが決まってて、役職にならないと給与伸びない所がほとんどだと思います。

といったこれらのメリットを享受できるようになるまで未経験から最短でも5年程度はかかると思います。
普通の人であれば7年〜10年程度かかるのではないでしょうか。

客先常駐はそれまで先程の信念を持って努力を続けられる覚悟のある人には向いている働き方だと思います。

若手は年功序列より成果主義を望んでる方が多いですが、それこそ派遣やSESの方が良いんじゃないかと思います。


客先常駐を上手く渡り歩いてキャリアアップしていくには?

後日更新!

スポンサーリンク